千両過眼

東京在住の会社員の男性です。読書、舞台、展覧会の感想などを書いています。

「祈りのかたち 仏教美術入門」


○2017年8月
「祈りのかたち 仏教美術入門」(出光美術館)

出光美術館といえば、東洋の陶磁器や仙がい、ルオー、また中世から江戸期の絵画、というイメージが強いですが、今展では所蔵の仏教美術を展示しています。
一部を除いて、初めて見るものが多かったです。

初めに目に入るのは「絵因果経」。絵柄は素朴で、奈良絵を彷彿とさせます。
開かれているのは、魔王が釈迦の成道を妨害しようとしている場面。菩薩の慈悲力(と書いてあった)が発揮される様子が描かれています。
魔王がけしかける軍団の中に、宗達の「風神雷神図」とほぼ同じ姿の風神・雷神がいて、このイメージは奈良時代からほとんど変わらないのだなあと感心しました。
宗達は、三十三間堂の風神雷神像をモデルに描いたと言われていますが、二十八部衆の眷属となる前は中央アジアの悪神、ここにいても不思議はない。でも他に「火の神?」と思える存在なども見えるんですよね。
風、雷、火、水…人を怖れさせる自然神たちのグループがあったことが想像されました。

中将姫が蓮糸で織ったという伝説で有名な「当麻曼荼羅図」の写本。
阿弥陀の極楽浄土の景色と、観無量寿経の序文説話や十六観想を描いたもの。この解説が詳細で、興味深かったです。 
一方では、「十王地獄図」「六道十王図」などに、これも細かい説明がついています。
多くの日本人が思い浮かべる天国や地獄のイメージが、中世以前に作られたこういう絵画から来ており、しかもほとんど変わらぬ形で現在まで継承されていると思うと、何やら不思議な気がします。
他にも仏像・仏画や密教の法具、それに一休や仙がいの禅宗書画が多く展示されていましたが、展示室内の冷房が効きすぎて寒くて。外は真夏の暑さだというのに…。
後に行くに従い早足になって、後半はかなり見飛ばしました。

「古都再見」


◆2017年8月7日
「古都再見」(新潮社)
葉室麟

最近、京都に仕事場を構えたという著者のエッセイです。
「新入り」としてぎこちなく街を逍遥しながらも、丸善やイノダコーヒを訪ねたり、祇園祭や時代祭を見物したりして楽しんでいるご様子。
一方で、いうまでもなく京都は古い歴史が立ち込めている街。著者の思索も、否応なく過去に向かうことに。
そこからの連想もあってか、本書にはそこはかとなく「人生の身仕舞い」の雰囲気が漂います。

大徳寺ゆかりの有名人、一休宗純と千利休のことを書いた記事が印象に残りました。
権威に背を向け、おのれの真実に生きたという一休の人生を引きつつ、利休は一休を意識していたのではないか、というのが著者の意見。
利休切腹の直接的原因は、利休の木像を山門上に置いたことだと言われていますが、その前から秀吉と利休の間はしっくりいっていなかったはずだし、特に茶の湯のあり方をめぐって確執があったのではと容易に想像されます。
著者は言います。
「もしかすると利休と秀吉の相克を芸術家と権力者の対立と考えるのは、近代的な見方に過ぎるのかもしれない。芸術はもともと権力者に奉仕するもので、芸術家自身のものになったのは後世のことだ」
「利休の気魄は、一休に通じる禅者の反骨だったと考えたほうが、わかりやすいのではないか」(いずれも作中より)
利休が一体どのぐらい「禅者」だったかは私には分かりませんが、利休を駆り立てたものが芸術的相克よりも、たとえば政治的反骨と考えた方が、確かにしっくりくるかも知れないと思いました。

写真は大徳寺山門(金毛閣)です。
(2017年32冊目)

「おもしろびじゅつワンダーランド2017」


○2017年7月
「おもしろびじゅつワンダーランド2017」(サントリー美術館)

サントリー美術館の「おもしろびじゅつワンダーランド2017」が始まりました。
体験・体感型と銘打ち、音声データで吹墨を可視化したり、江戸時代の着物をディスプレイ上にデザインしたりという夏休み企画です。
写真撮影も自由。 


狩野探幽の「桐鳳凰図屏風」はいつ以来の展示なのだろう。
金箔地に桐、鳳凰に金雲、流水、岩があしらわれたシンプルな構図、徳川家の婚礼の調度として誂えられたものだと聞きました。以前、切手の図案にもなっています。

ここのショップで絵はがきばかり見せられていた異種婚姻譚系の御伽草子「鼠草子絵巻」が、満を持して登場。 

ネズミであることに嫌気がさし、「子孫をネズミの姿から救い出したい」と思い立ったネズミの権頭が、清水の観音様にお参り。やがて首尾よく人間のお姫様と結婚するが…。
ネズミに権頭、左近尉なんて官職があるのはともかく、ネズミがネズミであることを嫌になるなんて、一体どういうことなんだろうか。
そして、途中までは観音の霊験譚なのだが、この結末はどう解釈すべきなんだろうか。
ちょっとモヤモヤしてしまいました。

「雨月物語」


◆2017年7月16日 
「雨月物語」(講談社学術文庫)
上田秋成/青木正次訳注

怖いと聞いてはいましたが、初めて「雨月物語」を読みました。
「白峯」「菊花の約」「浅茅が宿」など、怪異譚9編で構成されています。

しとしとと降り始める雨、急に顔を出す月。これらを合図に突然、日常が非日常へと姿を変える瞬間。
風流心、好き心といった、人間のふとした心の働きが異界と呼応してしまう。
平安・鎌倉の説話文学とも違う感じで、冷たく澄んだ文章が、時折ぐっと人間心理の内奥に迫るのが、むしろ近現代文学を思わせる。
一方で、現代人の価値観では理解不能な話や、落ちもない話があったりして。
どの話も全然予定調和でないので、先の展開が予想できず、読んでいてどきどきします。
(2017年30冊目)

「泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部」


◆2017年7月28日 
「泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部」(文藝春秋)
酒見賢一

ようやく「泣き虫弱虫諸葛孔明」の最終巻。
第壱部が出たのが2009年だそうなので、なんと最初の単行本から8年かかっての完結です!
劉備、関羽、張飛はすでに世を去り、劉禅および蜀の将来を託された孔明が一人、孤軍奮闘しています。

前半は「七擒七縦」。
せっかく苦労して捕まえた孟獲を解き放つこと、たびたび。魏延らが止めるように頼んでも、またもや孟獲を放そうとする孔明。魏延ら武官たちのいい加減うんざりした気持ちはよくわかる。
考えてみれば、ここで孔明に反旗を翻す者がいなかったのが不思議。いくら「孟獲の心を獲ることが重要」といっても、自軍の犠牲だって半端ないんだから。
作中では、孔明の指揮官としての器について考察されている。
作者は、孔明に将の器はあった、と見る。但しその条件として、勝とうが負けようが人間力で統率する劉備と違い「神算鬼謀の軍師」として負けない、勝ち続ける戦いをすることが必要だった、と。
意外とギリギリのところで、孔明は組織を運営していたのかも知れないです。

やはり三国志は劉備一派の物語であるゆえ、彼らがいない今巻、英雄伝的な面白さはかなり削がれます。
私は孔明の人間心理を知り尽くした叡智と、彼が操る中国古来の超魔術が好きなので、劉備がいなくて詰まんなくなるとは、読む前には思わなかったんですけどね。
今回唯一、劉備時代の血湧き肉躍る感じを思い起こさせるのは、鳳鳴山の戦い。
老いてなお蜀軍随一の武者・趙雲が魏軍に囲まれる場面。
趙雲に死は怖くはありません。ただ、孔明との約束を違えることだけを気にしつつ死を覚悟します。ここでまず涙。
そこに突然現れるのが、関興と張苞。二人はあの関羽、張飛の息子で、趙雲の危機に駆けつけたのでした。
関羽、張飛が舞い戻ったかのような武者ぶりに勇躍する趙雲。ここでまたまた感動の涙なのでした。

何かというと「宇宙」の話を始める孔明を、このシリーズでは、しばしば「変質者」と呼びます。
面白おかしく孔明を描くために、わざわざオーバーな言葉を使っちゃって、と思っていたのですが、ここに来てやっと「変質者=天才」「宇宙=真理」のことなのだと気付きました。
恐らくこの時代に、彼のことを真に理解できる者は一人もいなかったのでは。
この世で初めて孔明の価値を認めた劉備にしても。
作中、孔明が北伐の孤独な戦いに向かおうとしているときに弟の諸葛均が問います。
「何故、魏を討伐せねばならぬのです?兄上が構想なさった天下三分の計は実現したではありませんか」
これに対し孔明が、世の推移の不思議を表す「宇宙の理」について語ります。これが、とても本シリーズの孔明らしく、腑に落ちるものでした。
長いシリーズでしたが、他の三国志と違った、新しい孔明像を見ることができました。
(2017年31冊目)

宝塚雪組「幕末太陽傳」「Dramatic"S"!」

8169dbc7.jpg
●2017年7月15日
宝塚雪組公演
ミュージカル・コメディ「幕末太陽傳」
Show Spirit「Dramatic"S"!」(東京宝塚劇場)
出演:早霧せいな 咲妃みゆ 鳳翔大 望海風斗 彩風咲奈 彩凪翔 永久輝せあ 真彩希帆

宝塚雪組の「幕末太陽傳」を観ました。
「居残り佐平次」「品川心中」「三枚起請」等の落語を取り入れた同名映画を原作としたお話です。
品川の遊廓・相模屋で揚げ代を払わずに居残り、そのまま働くことになった佐平次。持ち前の機転でさまざまなトラブルを解決します。
ともに起請文を受け取った親子客と遊女の三角関係を収めたり、心中させられかけた男の仕返しを見破ったり。しかも身内ばかりでなく相手をも立てる絶妙の仕事ぶり。ひょいひょいと出てきて、まるで楽しげに物事を片付けていく。
この佐平次を演じる早霧せいなの、時代ものへの感覚の鋭さは驚きです。
芝居や台詞回しもさることながら、役の性根というんでしょうか、佐平次という役を掴んで自分のものにしているのがよく分かります。
でも考えてみれば、時代ものに限らず、トップになってからのこの人の芝居はいつも過不足なく、そして情が細やかでした。原作もののルパン、剣心も、オリジナルの春興やケイレブも、役になり切るというのではなく、あくまでも早霧せいなとして、程よく演じていたと思います。もちろん陰ではすごく研究、努力してたんだと思いますが。
思い返せば初舞台の「ベルばら2001」の時から見てるんですよね。その時はこんなに芝居心のあるトップになるとはもちろん思っていませんでした。
このたび宝塚を卒業すると思うと、やはり寂しさを感じてしまいます。

お話は、高杉晋作、久坂玄瑞ら長州の攘夷志士による英公使館焼き討ち計画と、相模屋のぼんぼん徳三郎と女中おひさの駈け落ち計画が並行して進みます。
作中には都々逸「三千世界の鴉を殺し」が何度も出てきますが、高杉を演じる望海風斗が三味線片手の着流し姿で、これをいい節回しで唄いました。望海の大きさと、ちょっと何するか分からない危険な雰囲気が、高杉という役に合っていたと思います。
対照的に彩凪翔の持つ生真面目さが、これも久坂の役に合っています。
彩風咲奈の徳三郎は、前半のあほぼんから、後半はおひさを思う一途さを見せるなど、これまでより一つ存在感の深まった役を、よくこなしていたのではないでしょうか。
ちょんまげ姿の彩風と彩凪を見るのは初めてで、最初「誰?」と思いましたが、見ているうち以外と似合ってるなと思えてきました。
咲妃みゆは遊女おそめ役、次期トップ娘役の真彩希帆はおひさ役。
いつか外の世界を見てみたい、と言うおそめの言葉がラストにつながります。幕末の何かと不穏な空気が覆う中、ここから維新へ向かう動乱の時期が始まりますが、それでも人間は未知の未来へと向かっていくのだ、ということが示されるラストです。

ショーは「Dramatic"S"!」。
トップ二人の退団公演にも関わらず、それを出し過ぎるということもなく、さっぱりと爽やかで好感が持てました。ピンクやグリーンの色彩の洪水が目に華やかです。
銀橋からステージに戻っていく生徒たちを、自らも踊りながら送る咲妃の姿に涙でした。
芝居だけでなくショーの方でも、彩風咲奈や彩凪翔が一つずつ上のランクというか、目立つ位置に配置されていて、これから責任ある立場になっていくんだなと思いました。
銀橋のソロは永久輝せあですかね。彼女の出番もますます増えていくのでしょう。
真夏にも関わらずクリスマスカラー(笑)のロケットは珍しく盆を使っていて、面白かったです。黒燕尾は正統派で「ベサメムーチョ」。この辺まで来ると、ああ、もうすぐ終わってしまう、と寂しい気になります。今回は尚更ですが。
最後のデュエットダンスの時に、大階段の電飾がまるで雪が降るようで、トップ二人への名残を惜しむようでした。

終演後、早霧せいなの挨拶がありました。
「お客様の暖かい拍手と元気の出る笑顔」に感謝しつつ、「これからも宝塚歌劇、とくに雪組を宜しく」とオーソドックスな挨拶。劇場内に暖かい拍手が湧きました。

2017年 上半期の読書

c55a8621.jpg
◆2017年7月13日
「2017年上半期の読書」

今年上半期に読んだ中でのマイベスト本です。
垣根涼介の作品は初めて読みました。他にない歴史もので、印象に残りました。

「キトラ・ボックス」池澤夏樹
考古学とミステリ、謀略サスペンスの融合。そして時空を超えた祈り。好きな要素がたっぷり詰まってました。
どんでん返しもあり!
2作目ということですが、機会があれば前作も読んでみたいです。

「騎士団長殺し 第一部・第二部」村上春樹
これまでの村上春樹作品に比べわかりやすく、一番読みやすかったです。
絵と現実のシンクロ具合がなんだかリアル。
無国籍テイストばかりでなく、古典的怪談も取り入れられてます。
「開いた環は、閉じられなければならない」という一点に集約すべく物語が転がっていきます。

「光秀の定理」垣根涼介
信長の天下統一前。三好勢が実権を握った都が舞台。
歴史ベースでありながら、これを拡張させて、独自の大きな物語世界を作っているところにしびれました。
確率論のくだりも面白い。
光秀や信長だけでなく、オリジナルキャラも一人一人が魅力的でした。

「悪左府の女」伊東潤
「若冲」澤田瞳子
「今ひとたびの 和泉式部」諸田玲子
歴史もの3作。時代も内容も違いますが、歴史上の人物について近い立場の人物視点(しかも実質的オリジナルキャラ)で語っていること、歴史プラスαの新要素を付加しているところが共通しています。
これにより、それぞれの世界観が広がりました。物語の面白さです。
題材とされた人物にも、興味が湧きました。

写真は、昨年末に読んだ原田マハ「リーチ先生」ゆかりのリーチ・バーです。

「神の宝の玉手箱」3,4回目


○2017年7月
「神の宝の玉手箱」(サントリー美術館)

終了間近となった「神の宝の玉手箱」展を見ました。
修理が完了した「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」が今展の目玉。最後ということで、6月下旬に続き再び、手箱を開けた状態で展示しています。
何度目かだったのですが、今回一番混雑していました。

蓋が開いた状態だと、胴張りのある形がよくわかります。
蓋裏には、約30種の草花の折枝散らし文が研ぎ出してあります。
平安以降に流行したという折枝文、「挿頭(かざし)」と繋がるのだそうです。挿頭は植物の生命力を身に付けるということなので、これ自体、祈りの込められた文様といえます。
今展では多くの蒔絵の意匠を見ました。
菊(菊に籬、菊慈童)、蓬莱山、洲浜、鶴亀、松・竹・梅・桐・椿・楓・唐草などの植物、鳳凰、蝶、片輪車、流水…。こうしてみると、やはり吉祥文が多いです。神宝や奉納品はもちろんですが、やはりハレという意識だからですかね。
例えば近世の代表選手「舟橋蒔絵硯箱」「八橋蒔絵螺鈿硯箱」などの具体的、文学的意匠と比べると、中世の手箱からは、文様の意味と用途に密接な関わりが存在したことが感じられるように思いました。
普段は蓋に隠されている、手箱の身のほうの内張りは、何の植物なのかよくわからないのですが、立派な草花文の錦織でした。

「片輪車」の意匠の中では、「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」と同じく沃懸地の「片輪車螺鈿手箱」が目を引きました。波が丁寧に付け描きされ、片輪車は極薄の螺鈿で部分的に透し切りされています。
東博にはもう一つ、「片輪車蒔絵螺鈿手箱」がありますが、あそこまでアヴァンギャルドではないものの、こちらも近くで見ると只ならぬ風格です。
終盤に展示された出光美術館の「浮線綾蒔絵手箱」が珍しかったです。こちらは、浮線綾(菊)文を丁寧な高蒔絵で表してあり、サントリー美術館のとはまた雰囲気が違いました。

「悪左府の女」

42cceba6.jpg
◆2017年6月27日
「悪左府の女」(文藝春秋)
伊東潤

以前、NHKの「歴史秘話ヒストリア」で、平安末の左大臣・藤原頼長を取り上げた回を観ました。
理想家の一方で、明らかにやり過ぎなんじゃない?と思える他者排斥、若手貴族たちとの男色関係…。頼長役を市川春猿が演じていて、色気も雰囲気もありました。

頼長の特徴をひとことでいえば「悪の魅力」です。
苛斂誅求。自分がやると決めたら何があろうと実行する。放火、リンチ、裏に回っての謀略。他人に対して容赦ない。
それでも道長・頼通時代だったら大して問題にもならなかったろうけれど、皇位継承をめぐるゴタゴタ、北家の内紛で、摂関家の地位が揺らぎ始めている。
こんな時期にコワモテを通し、到来する武家の時代、摂関政治の実質的終焉に最後まで抗ったのが頼長といえるでしょう。
本作は、幼い養女・多子を近衛帝の皇后とした頼長が、同様に養女・呈子を中宮として入内させた兄忠通に対抗して、下級貴族の女・栄子(えいし)を皇后付きの楽師に採用するところから始まります。
この入内抗争の切り札として、栄子に半ば公然と与えられた役目は、帝の子を身ごもること。
自分都合のためなら他人の人生など一顧だにしない頼長。そのエゴっぷりが描かれる前半。

そんな頼長も時代の流れには勝てず、重仁親王の擁立失敗やら信西や清盛の台頭やらで苦しい立場に。
この辺りの描写が、時代の転換期の雰囲気が出ていてとてもいい。最初はどっち向きかよく分からない潮目が、ある時から急流のように一方的な流れになっていくという、歴史のエネルギーみたいなものがよく表現されている。
武力蜂起を勧める終盤の源為朝との会話がいい。
頼長が「走狗」と呼んで憚らなかった武家。実質的武力には何者も敵わないことを悟り、それでもなお貴族としての矜持にこだわるところがまた、この人らしい。
やがて時は過ぎ、平家の世に。世の変転と盛者必衰を表すラストの場面は、爽やかな読後感を誘います。

写真は作中にも出てくる、夜の平等院鳳凰堂です。
(2017年26冊目)☆☆☆

「水墨の風 長谷川等伯と雪舟」後期展示

0ec40d61.jpg
○2017年6月30日
「水墨の風 長谷川等伯と雪舟」後期展示(出光美術館)

出光美術館の後期展示を見ました。
絵師の多くが影響を受けた牧谿の「平沙落雁図」が新たに展示。
伝雪舟「四季花鳥図」が雪村「花鳥図」に、牧谿「叭々鳥図」の隣にあった山田道安の「叭々鳥図」が毛倫「牧牛図」に。
等伯「竹鶴図屏風」は「四季柳図屏風」に展示替え。
この「四季柳図」は近年、等伯作品とされたもので、右隻の春の若芽から順に、四季の柳をオーバーラップするように描いています。
金地に柴垣、水墨で淡く木の輪郭、葉に着色。これ、どういう順番で描いたんだろうとじっと眺めました。
すっきりした作品で、これまでの自分の中の等伯のイメージにはありませんでした。柳がなびく様子で、目には見えない「風」を表現しています。

この日は列品解説もあり、学芸員さんの解説を楽しく聞きました
水墨画が中国から来て間もない頃は、その技法や約束事が十分に消化されておらず、例えば遠景・中景・近景が乱れていたり、意味が理解されないまま、やたらに「点苔」を付けてしまったりということを、実例を前にして説明。
また、能阿弥「四季花鳥図屏風」が牧谿画から鳥たちを借用しているのは読んだことがありましたが、伝統的構図のパターンや、白=聖性、カササギ=夢、蓮=浄土といったイメージ的展開についても。
さらに、等伯「松に鴉・柳に白鷺図屏風」の調査の結果、「備陽雪舟」の下から等伯の落款が発見されたことや、墨の階調が見事なところが名品とされる所以ということ等々。
とても面白くて、あっという間に時間が過ぎました。

写真は、日比谷で食べた鰻の炊き込みご飯です。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ